これから工場バイトで働く人へ、知っておいて欲しい事。

アルバイトにとっての良い工場、悪い工場!

今回はバイトをする際、良い工場、悪い工場の見分け方を教えたいと思います。

まず良い工場とは、職場の雰囲気が良い、手当がしっかりしている、勤務時間がしっかり決まっているなどがあります、これが悪い工場に当たってしまうと、上司からいじめを受ける、通勤手当や労災がない、急な残業を強要されるなどと言ったことがあり、気持ちよく働くことが出来ません。

良い工場と悪い工場を見分けるには?

働いた後では辞め辛いので、出来ればアルバイトが決まる前、面接の時などに見極めるとよいでしょう。

まず良い工場は、最初に仕事内容や就労規則などをしっかり説明してくれます。

相手がアルバイトと言えども働いてくれる労働力なので、そこは包み隠さずしっかり説明してくれるはずです。

逆に悪い工場は説明も適当でこちらからの質問にしっかり答えてくれないこともあります。

職場内が汚い工場は特に要注意です。

またタイムカードの設置や作業着の貸出なども働く前に聞いておくといいかと思います。

工場バイトの適正診断!

工場バイトは基本的には単純作業の繰り返しなので1人で黙々と仕事をこなすことが苦ではない人が向いています。

また立ちっぱなしのことが多く、肉体労働の部分も大きいので体力に自信がないと続かないかもしれません。

工場バイトの辛かったこと!

私がパン工場でバイトをしていた時、クリスマス前の繁盛期で1日10時間永遠とベルトコンベアーに流れてくる菓子パンを数えて袋に入れていた記憶があります。

来る日も来る日も、終わりが無いんじゃないかと思うほどの量の菓子パン。

詰めても詰めても流れてくるその職場で仕事をしていたら、当分菓子パンはみたくありませんでした。

大阪の工場の求人の傾向を知るために、各企業の事業内容やスタッフの人数などに注目をすることで、スムーズに転職活動に取り組むことができます。