こんなにある!?介護の仕事に必要な資格いろいろ

介護の仕事の資格とは・・・

介護業界は医療や福祉業界と並んで資格の多い資格業界と呼ばれているのはご存知ですか。その資格には、介護職員初任者研修・介護職員実務者研修・介護福祉士・介護支援専門員があるんです。

まずは介護職員初任者研修の受講が必要

介護の仕事を始めるには、福祉系の大学や養成施設などの専門学校を卒業するほかに、介護職員初任者研修を受講することから始めます。介護職員初任者研修は、130時間のカリキュラムを最短約1ヶ月で修了ができるため、介護に興味のある方であればどなたにでも比較的容易にチャレンジできる研修です。

訪問ヘルパーとして仕事を始めよう

初任者研修修了者となると訪問介護事業所に所属することで、要介護者の自宅を訪問して身体介護や生活援助などの仕事ができます。このあとに介護職員実務者研修を受講し、介護業務のほかに医療ケアを学びながら実務経験を積みキャリアである国家資格の受験を目指すのが一般的です。

国家資格の介護福祉士

実務者研修修了者が3年以上の実務経験後には、介護のプロと認められる国家資格の介護福祉士の受験ができ、これに合格すればサービス提供責任者や事業所のマネージャーとして活躍の場を広げられるんです。5年以上の実務経験後には、最高峰のキャリアの介護支援専門員の資格が取得できます。

求人が絶えずある介護の仕事

介護職は人手不足でもあることから常に求人募集が行なわれているため、ほかの業種に比べて就職先が見つけ易いと言われています。インターネットなどの求人サイトから、それぞれの条件や待遇を確認し、自分に合った職場探しができます。離職率軽減のために、福利厚生や待遇が優れている施設や事業所も多いため、将来性のある職場が見つけられる期待も持てるでしょう。

介護の求人を東京で応募する人は少なくありませんが、仕事内容や賃金体系、研修制度などに注目をしながら職場選びをすることがおすすめです。