産業医について知りたい!業務ではどこまで会社に踏み込めるの?

産業医とはどんな医師なのか?

事業所において労働者の健康管理に留意し、専門的な立場から指導やアドバイスをしていく医師のことを産業医と呼びます。労働安全衛生法の定めによって、一定の規模の事業場には産業医の勤務が義務付けられています。

産業医の業務範囲は広い!

産業医の業務は多岐に渡っています。事業所での健康診断を実施し、それに伴って従業員の健康相談や保険指導などをしていきます。事業所の業務内容によって若干の違いもありますが、月1回は作業場を巡回して、作業方法や衛生状態をチェックします。また問題があった場合には、従業員の健康を保つための必要な措置を講じていくのも産業医の業務です。従業員がデスクワーク事業所では、運動不足による生活習慣病の予防策を取らせたり対策をたてたりします。産業医は会社に対しても従業員の健康を守るために、スケジュール調整を働きかけていきますが実際に措置を行う最終的決定権は会社にあります。また産業医は、従業員の身体面もしくはメンタル面に何らかの問題が生じた際には、必要に応じて適切な判断をしていきます。例えば従業員に休職を命じたり、回復したと判断すれば復職を決定します。その他にも時間外労働が多く心身の疲労を訴える従業員の面接をすることも、産業医にとっては大切な業務です。最近ではメンタルに問題を抱えている従業員が多くなっていますので、従業員の面接は産業医の中心的な業務になりつつあります。産業医には内臓の疾患からメンタルまで、広い範囲の疾患に対応していくスキルが求められています。

産業医の募集の状況は、各地の民間企業の勤務条件に大きく左右されることがありますが、具体的な仕事の内容を上手く把握することが大事です。